:爬虫類 :ザリガニ :カメレオン :北海道

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その5(完成)

2005年08月12日 00:41



*乾燥が終わると標本箱に収納して完成です。
(「防虫剤」や「シリカゲル」を一緒に入れる)
乾燥した標本固体は、「大変壊れやすく」なっています、「細心の注意」が必要です
標本箱もいろんなメーカーやサイズがあります。自分の気に入った物を選んでください。
そんな高い物はいらないよってな方は、ダイソーなどの「百円均一」で売ってる「小型のプラケース」や「フタ付プラトレー」などを使用してみるのも良いかもしれません。

定期的に「防虫剤」の交換をしていけば、しっかり作った標本は、「何十年何百年」も保つと言われています。


画像は「ウィングバード製のドイツ箱」と「百円均一のプラトレー」です。
プラトレーは私の「愛用品」です。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tomorrow7777.blog75.fc2.com/tb.php/62-ae4ad459
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。