:爬虫類 :ザリガニ :カメレオン :北海道

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONATINEN

2013年06月01日 09:03

指に血がつきました・・・・・・・・・・・・・・・・トモロウです

・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・
・・

5月25日(土)0600 気温14℃曇り 設置

5月30日(木)1500 気温23℃晴れ 回収

設置期間中、運良く気温上昇と程よい雨の支援を受けまずまずの成果を得ましたわ

ヒメオオルリ 低地個体群

P5301020.jpg

基本カラーとなるのか、マイマイカブリの色に似た個体が多いですわ

中には高標高で採れるくすんだグリーンの個体や赤みの強い紫も少ないが採れますね

ヒメオオルリ、やっぱ小さいですね~

同じくらいのマイマイカブリも採れましたが

ここのマイマイ頭部からの緑色が濃くとても綺麗ですわ

いつもなら持って帰りませんが、今回はエチルで絞めましたね。
P5301027.jpg

次は少し予定が変わってしまいましたが

近場の色物集めと

いよいよオシマですね。

************************************************************
他でつぶやきましたが

回収時にヒグマ様と出会っております

私が言うのもあれなんですが

ヒグマ様との密接地域では常に警戒となるべくなら2人以上での入山をお勧めしますわ~

肩たたき券

2013年05月23日 20:13

Attacus atlas atlas
巨大なことは良いことだ。

翅の模様が左右非対称なのが残念
P5230956.jpg
美しい
P5230964.jpg

ボリュームが違う
P5230978.jpg

感動しました
P5231001.jpg

***************************************************************************************
P4300824.jpg

零番隊

2013年05月19日 19:51

野鳥が窓ガラスに突撃します。

ゴンっと音の鳴った窓の下を見るとひっくり返った野鳥が

軽い脳震とうだったのかな?暫くするとフラフラっと飛び立つ

しかし中には羽を痛めて飛べないものや最悪、永遠に起きてこないものも・・・・

そうすると、ぱっとカラスが現れて掴んでゆく

最近の大きな窓ガラスは野鳥の障害なんですね複雑・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・トモロウです
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・
・・

やっと桜も満開になり暖かな風が心地よく

フィールドへと気持ちの焦りが出てきましたわ

少しの時間でもツナギ着て、安全靴履いてからの愛車でGO!!

さぁて、天然椎茸を紹介しましょう

P5190889.jpg

小ぶりですが味が凝縮されとても美味しいです

P5190901.jpg

なんといっても香りがハンパない!

P5190903.jpg

日中の気温が20を超えるまでが天然椎茸の発生期間ですわ

P5190905.jpg

年に二回、この時期と秋口ですね~

P5190894.jpg


私は干し椎茸にして更なる味の凝縮にチャレンジですわ

***************************************************************************************

Black Ivory Blood python
Python curtus

P5190944.jpg




紙兎ロペ

2013年05月12日 20:17

アニメ進撃の巨人のOP

カッコええなぁ~

おっ、おっ、おっ、おーーー

テンション上がる音楽と繊細な描写映像のマッチング、興奮します。・・・・・・・・・・・・・・・トモロウです
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・
・・・
・・

優れない天気の中フィールドへ

採集ではなく観察になるのかな?

今シーズンまだ見ていないエゾサンショウの卵塊を

P5120836.jpg

あるにはあったが状態も悪いし、もう抜けちゃってる感じやね(汗

当然お付の♂親の姿もありませんでしたわ

そりゃ5月も中旬だもんね

低地の産卵場やし。

 目線を変えて

最近巨大な蛾に刺激され

ヤママユガの繭なんかを葉の無い時期、ポイントだけでもと思い散策

ぶら下がってる
P5120850.jpg

蛾の種類までは分からないけど・・・・繭ですよね??
P5120857.jpg
中身はもちろんカラでしたが良い下調べになったかもね♪

オオルリ
20130512.jpg
この時期には高確率で出会えます

お腹は白く、頭から背面にかけ瑠璃色に輝く大変綺麗な野鳥です

この個体♂ですが”生き物にあるある”で♀は打って変わって大変地味な野鳥なんですわ

オオルリつながりで

月末逝きます!オシマリベンジ

結果出したいね!!!

*************************************************************************************
譲り受けました巨大な洋書

読み込まれ、何度も何度も補修され

おそらく色々な方が目を通されて

あ~でもない、こ~でもないと会話に花咲かせた。

大切にいたします。
P5120883.jpg

サン宝石

2013年05月03日 09:52

黒と白を基調にしたとてもモダンな建物。

前回紹介した【麺や 麗】もそうだが、最近伺うラーメン屋はとてもお洒落でコース料理を振舞うお店のようだ。

カウンターに座る、正面は背の高いパネルで厨房の中を観察できるような感じではない。

奥面に少しだけ見える、キラリ磨かれたステンレス食器具に写る火柱。

炙るバーナーの音。

想像をかき立てる。

程なくして運ばれてきた。

伝票にはこれでもかと大きな文字で【み】の文字、私は味噌を注文した。

お店の内装と同じ白い器。

中央のチャーシューを中心にモヤシ、メンマ、ネギ、小さく切り落としたチャーシューが。

チャーシューの上には摩り下ろされた生姜が盛られている。

スープの印象は表面の油が多い感じに見えたが、

味噌がとても甘く、焦がしたニンニクのスパイスが効いて次から次へと焼けど覚悟ですすりたくなる。

たまに口に入る細かいひき肉も口を楽しませてくれる。

摩り下ろし生姜を溶きながら部分的に味わいを変えられる。

ここの部分は生姜の風味、ここはオリジナル、そしてここはガッツリ生姜!。

麺は自家製のちじれ。

色もさほど黄色くは無く卵、卵していない。

しっかりとしたコシは当然だが、麺自体の味が強調せずスープの味わいを一切壊していないのが良い。

チャーシューは【崩れ柔らかい】といった感じではなく【The・肉】といえるほどしっかりしたチャーシューだ。

噛めば噛むほど味が染み出る、こんなチャーシューもあるんだなと。

小さく切り落とされたチャーシューもスープをすする時の良いアクセントだ。

この一杯の最大の特徴なのだろうか?

熱い。

最後の一滴まで冷めずに熱い。

生姜の成分がそう思わせてるのかと思ったが間違いなく物理的に熱い。

あっという間の一杯だった。

是非、お試しあれ

IORI (イオリ)

北海道千歳市住吉1-12-2
営業時間 11:00~15:00
     17:00~20:00
     日曜営業
定休日 月曜

miso&ajitama
20130501_112056.jpg
karamiso
20130501_112043.jpg

****************************************************************************************

弥生會<yayoikai>

10周年おめでとうございます。

20130503_081058.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。